一段落したPacific-18(Birdy/BD-1)ですがここまでくるとどうしても20インチ化したい。

しかし、僕のPacific-18(Birdy/BD-1)のはストレートの初期~中期型?のため20インチ化できない…

そんな時にオークションでストレートの後期型(フレームのみ)の出品を見つけてしまい思わずポチッとしてしまったわけです。

状態はまぁまぁで傷は模型用塗料で補修し全体的に研磨剤で磨きました。

さらにはスイングアームのシャフトベアリングが錆びていたのでベアリングプーラーまで導入し、引っこ抜いて新品と交換しました。

※圧入工具はホームセンターでナットと長ネジ、ワッシャーを調達して自作

bd-1z_01

bd-1z_02

bd-1z_03

ホイールはもちろん20インチのものを用意する必要があるのですがブレーキはそのまま使いたかった(新調したブレーキがSTIで引けないと困る)のでインチアップアダプターを使って、このさいマウントボルトもチタン化させました。

歯止めが効かなくなってしまい、ヘッドワンポンチも導入し、ヘッドパーツをクリスキングにしてしまいました…

※圧入工具はホームセンターでナットと長ネジ、ワッシャーを調達して自作

bd-1z_04

bd-1z_05

bd-1z_06

bd-1z_07

なんとか形にはなったけど、気になるのがリアタイヤとフレームとのクリアランス…

空気圧を適正値まで入れるとフレームに擦ってしまうので少し低めにしないといけない。

フレームの個体差なのかもしれないけどストレートフレームで20インチ化した場合、みんなそうなんでしょうか。分かる方、コメントいただけると嬉しいです!

最後に残されたPacific-18(Birdy/BD-1)はゆるポタ仕様で復活させたいと思っています。